忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある日、注文品のダンボールを開けると、そこには新潮の文庫本がギッシリ。20作各5冊。ほとんど知らない本。これはGW対策の新刊在庫だな。それで、奥付(発行年数とか書かれてるところ)をみると1992年とか、1995年とか。名作なのかなと思って販売データを見たら、本店でさえ10年間で10冊しか売れてない本とか、入荷してな本とか。それが各5冊。正直困惑しましたよ。

まぁ、その日は天狗の仕業だと思っておいておいた。

次の日出勤したら、どうも天狗の仕業じゃないらしいことがわかった。

「あっ、これ夢だ」っと思ってみたけど、やっぱ現実だった。

「これはドッキリだ」っと思ってみたけど、シュールすぎて笑えない。

そのシュールは常軌を逸してて、受け手のレベルが問われるものだと。

いわゆる「芸術」みたいなもんだと納得した。だから、今度の休暇はダリ展にでも行って感受性を高めてみるよ。


俺、成長できるかな?
PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ダリの絵って怖い(?)けど好きですよ。
楽しんできてくださいね。
あろえ | URL | 2007-04-23(Mon)20:49:01 | 編集
久しぶりー!
>>怖い(?)
子供のころは理解できなかったが、スーファミ時代のロマサガやFFの敵っぽいところがカッコイイ。あとチュッパチャップスのロゴをデザインしたことでも有名。やっぱ本物は幅が違うわ。
コスプレイヤー@本屋さん |  | 2007-04-24(Tue)00:29:40 | 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 


 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 コス@本のオススメ
 今、何時?
 管理部屋


 PR
 カウンター