忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面白かったのでコピペで。

アタシ

サウザー

歳?

知りたいか小僧?

秘孔?

当たり前に

ある

てか

ない訳ないじゃん

みたいな

てか

アタシの体は

生まれついての

帝王の体

みたいな

まぁ

ぶっちゃけ

退かぬ

媚びぬ

省みぬ

みたいな


って知ってます? 話題の小説?ははは \(^o^)/ みたいな。


あと、全然関係ないんですけど、サザエさんの登場人物、イクラちゃん。実は性別不明らしいです。ナミエという名前で出生届けを出そうとしたり、雛人形を買おうというエピソードがあったりするらしい。今では小栗くんがやってますけどねwみたいな。あとティガには勝ちました。今HR151です。
PR

ハンターランクが4じゃどこにも行けません。びっくりです。ひたすらランポスをぶっ殺し、やっとこさLv5に。

これでゲリョスとイヤンクックが狩れる。アクムにエスピナス、道は遠いぜー! 一人でプレイすると時間もかかるので、どうしたもんかなと。そこで見慣れた名前でチャットをしている人が。そう、初回私が声をかけてフレンドになった、アドレナリンさんが。MHFでは新人猟団システムというのがあり、時を同じくして入団した人たちがグループを組むというシステム。そして猟団の仲間が会話をしている内容は猟団のみんながわかるという、MHFヒヨッコたちの心のよりどころとなるのです。さらに便利なことに、ジャンプという機能があり、フレンドのいる場所に瞬間移動もできるのです。

では、ジャンプしてみようと、ジャンプしました。

おお、アドレナリンさん、みなさん今晩は。どうやらみなさん初めて猟団として活動したようで、いと麗しゅう感じました。夜も更けていたこともあり、ちらほらと去っていき、結局私と、アドレナリンさんと、改造人間Gさんの三人に。

お二人はイーオスシリーズを製作中ということで、みんなでイーオス狩りに。そこで初めて知ったんですが、受付のねーちゃんがいっぱいいるなか、クリアの印がつくのもあるんですね。これクリアしたらいいことあるかも。イーオスも三人だからサクサクいけました。そこで、アドレナリンさんがHR5に。オメデトー! これでゲリョスいけますね。アドレナリンさんはゲリョス行ったことないみたいで、wktk状態。見事にコス@本は閃光にしてやられ、改造人間Gさんは起き上がりKOをくらい即死。そしてハンマー使いのアドレナリンさんは頭を破壊。経験者が二人が目の前で星になり、いいお手本にもなったにちがいない。それ以外にも、賞金首のコンガを8匹倒すべく、


 

改造人間Gさん「コンガボッコ祭ですねわかります」


 

を実施し、懐もポッカポカ。

しばらくして、みなさんイーオスシリーズが完成。次どこ行くみたいな雰囲気に。

するとその時!

なんかティガレックがHR関係なしにいけるという噂が。でも、何か装備しなきゃいけないようで、その装備を作るには、別のクエストをクリアしなければならないという条件があるらしい。じゃそのクエストに行こうとという趣旨に。

クエスト名「避けて、避けて、避けまくれ」

クリア条件 闘技場にある岩をすべて破壊。

なんだ楽勝じゃん。それならHRが7~5の俺たちでも全然OK。岩つぶせばいいんでしょ。簡単すぎるよ。ほな行くで!


闘技場に入った瞬間そこには巨大なラージャンが。




 

ち ょ っ と 待 て 






俺たち防御力100ぐらいだぞ! 攻撃当たれば即死必死確定確実ご利用は計画的にだよ。ちょこっと当たって一人死に、二人死にと何とか全滅を免れながらクリア。繰り返すこと幾度。そして、なんたらかんたらという頭の防具を見事完成させた三人。これで条件は整った! ティガだ! 行くぜ! ティガは防具の貸し出しがあるので、防御力は問題なし! アドレナリンさんはついさっきまでゲリョスは初体験したばかりで、いきなりラージャン、ティガと急激にハードルがあがってしまったが、なんとかなるだろ。なんとかなるのか、平均HR6の三人組!!

 

つづく

ビジネス書担当から、コミック担当になってもう半月ぐらいなんですけど、厳密にいうと一応社内的にコミックに分類されるであろう、画集やコミック文庫や、んでもって電撃とかガガガとか、総括してライトノベルつーのかな、そんなところが畑になりました。

電撃とか読んだことないよ。まさにハルヒとか。やっぱ読まなきゃわかんないよね。実践体験主義者としては読まずにはいられないわけだけど、読む気がしないのは、なんとなくわかってもらえるだろうか。

コミックコーナーエンドにテレビが設置され、そんな鬱憤が爆発したかのように、ただいま『D.M.C』フェアを開催中。「お遊戯的なことなら外でやってくれない」的な視線を感じつつも、しかし、このままでは終わらんよ。とことんまで盛り上げてやるぜ。

週のうち1~2回は24時間以上起きて何かをしてるわけだけど、やっぱり最近は老いをかんじるとです。

vip507922.jpg
















徹夜のせいか、五月病なのか、ダルさを感じる。ラーメンとチャーハンが同時に食べられない。投資、金融に興味がある。もてたいと思う感情が希薄。おしゃれに関心がなくなったって話をだいぶ年上の人としていて、話があう。その一環として坊主になってます。お風呂が超ラク。あがる前に乾いている。おかげで副部長から「ヤサン」「ヤサン」と呼ばれております。ヤサンというのは高野山のヤサンね。世界遺産です。そんな副部長も髪きってたよ。

んでweezerのPV見たら、ボーカルこんなおっさんだっけって。時間は経つのが早いね(コレもおっさん現象の一環)。

Pork and Beans

数ヶ月間の話題をネットで収集し、やっと現在に戻ってきました。円高なんて当時全然知りませんでしたよ、ほんと。知っててもFXを始めてたかは不明ですが、うーんビッグチャンスだったのに。とにかくテラ豚丼とか、グリーンピース一連とか、大阪府の小さな反抗の灯火とか、マスターベーション記録更新とか、五輪のこととか、大雑把に把握して、



     我が

   シームーンは

    完成した!

ジョジョの奇妙な冒険 ホワイトスネイク PV (Jojo's bizarre adventure Whitesnake)


やっとこさ落ちつくべきところに落ち着いたコスプレイヤー@本屋さんです。

書店員なんてハタから見てると気楽な商売に見えるけど、薄利なために人件費を極限まで削ったり、新古書店やオンライン書店などの熾烈なシェア争いに、小規模店舗は隣接するメガ書店の恐怖に怯えたり、ITに乗り遅れた書店はただ死を待つのみのような状態になったりで、いろいろ大変なのである。

そのなこたぁドコ吹く風で、本店に舞い戻って、毎日届けられる新刊に囲まれて、幸せな毎日を送っています。つい先日も、新書の表紙に「悪酔い天下大暴れ」という日本語は、英語で「What do you think of it?」と聞こえるという帯を見て、「おぉ聞こえる聞こえる」とひとりでしきりに興奮していた次第です。

プライベートでは、自信会のファミリー一同MHP2Gにゾッコンで、睡眠時間を削って朦朧としながらPSPの画面を眺めています。とにかくゲームも出来るぐらい余裕が出てきたということで、よかったよかった。

まぁ、今後軽く更新していきます。今の気分を音楽で表すならこんな感じ↓

ca plane pour moi! 


やっぱジョジョ見るとヤル気でるわ~。久々の更新。別に本格的に復活したわけではないんですけど。SEと客注管理システム(CMS)の制作について連絡を取り合って、なんやかんやで午前4時30分。明日もっつーか今日も8時の電車どすえ。眠い眠い。20時30分ラストでかえってくるのが23時だから、ゲンナリもしますわ。最近はMH2を1クエストだけやって、ご飯食べて、風呂で寝てます。あ、追い炊き始まったわっと薄れた意識のなかで感じつつ、浮力の影響か、のぼせてるのかお風呂から上がると気持ち悪いです。

現在当店は計画的撤退の最中です。延びに延び、何とこさ閉店です。長かったぜ…。通勤時間往復3時間の期間が…。さて、次はどこ行く書店員、コスプレイヤー@本屋さん。

ハンター×ハンターが近々また復活するという噂を耳にしたんだけど、ほんとかね? まぁ、ブログ書いてないときほど、書きたい出来事ばっかりですわ。じゃ、また近いうちに。アディオス。




休みの日にお店から電話がかかってきて、特殊なお客さんのお会計をどう処理するかの質問だった。その案件は連絡ノートに書いていたので、確認の電話だろうと「通常に処理してください」と伝えて「わかりました」と。で、翌日、出勤してそのお客様の商品は所定の位置からなくなっていて、問題なく処理したんだなと一安心したわけです。連絡帳にも、「処理しました」と記入されていた。

ただ、そこに書かれていたのはB子ちゃんのサインで記入されていた。でも、A子ちゃんから電話連絡があったので、当然A子ちゃんが処理しているはず…。

シフトを見るとその日A子ちゃんはお休みで、当然お店にも来ていない。あれれ。気になって自分の携帯をみるとお店から電話があった履歴も残ってない。なんだこりゃ。夢でも見たのか。しかし、この案件が片付いているのは間違いない。

ワーキングホリックかなんかで、俺の脳ミソどうかしてきてるんじゃなかろうな。もしくはA子ちゃんの身になんかあったんじゃなかろうな。とにかく不思議な体験をした。

不思議な体験と言えば、子供頃ジョジョにでてくるポルナレフみたいな経験をしたことがある。

小学校の時なんだけど、その日は先生とオカンが話をするということで、放課後オカンが学校に来て、すぐに終わるから一緒に車で帰ろうということになった。「お腹が減ったら、ドラ焼きが助手席のところに入っているから食べとき」つーことで、しばらくぼーっと待ってたわけです。1時間後と2時間後と時間は経っていった。「オカン遅せーよ」なんて、車の中でドラ焼きを食べて待ってた。遂に3時間が過ぎてもオカンが帰ってこない。「ちょwwwおまwww」ってな感じで、歩いて帰ることに。別に普段から通う学校なので、歩いて10分~15分もすりゃ、当然帰れるわけです。

特に寄り道もすることなく自宅に到着。ガレージには車が。「あと少し待ってりゃ車で帰れたのか」とか、思いながら自宅に上がると、案の定オカンがいるわけです。

「あんた、どこいってたんよ」
「オカン、遅すぎるで!」
「何言ってるの、30分ぐらいやったやないの?」

「え?」

「あんたおれへんかったから、お母さんが待ってたんやで」

「え…?」

どうやら、オカンは車に帰ると俺はいなかったので、しばらく待ってから車で帰ったそうな。その帰りにスーパーにもよって、食材を調達したらしい。そのうえ、テーブルには夕食が既に出来上がっていた。

つまり、俺が車で待っている間に、オカンは俺がいるはずの車でスーパーに行き、自宅に帰っていたことになる。万が一俺が勘違いして別の車に乗っていたという仮説もたてられなくはない。しかし、そんなはずはない。俺はオカンが言っていたドラ焼きを食べていたし、実際車にあったドラ焼きは食べられて、その袋が残っていたのだから。

時系列
●オカン  30分車に到着    スーパーへ  自宅で調理           俺と会う
→ → → → → → → → → → → → → → → → → → → →
●俺 車で待つ    ドラ焼きを食べる          3時間後自宅に帰る  オカンと会う

実はこんな体験談は世の中に山ほどあり、『時空の歪み』といわれている。皆さんも経験したことはなかろうか? 山で遊んでいて知らない道に出くわして、1時間ぐらいかけて知ってるところにでたら、既に夜になっていたとか。コレは「寸止め神隠し」だ。また、ふと物がなくなってどれだけ探しても見つけれなかったのに、全然別の場所から出てきたとか。これは「オカンテレポート」と呼んでいる。オカンが見つけ出し、勝手に片付けてる可能性もある。しかし、家の外では不可能な現象。

この2つの例をちょっと『洒落コワ』の『時空の歪み』からコピペ。

319 本当にあった怖い名無し sage 05/02/08 12:10:33 ID:fRFNpYbY0
【神隠し?】消失現象について【異次元?】

大した話しでもないんだけど、小学2年生の時に、近所で友達と遊んでたら、通学路で見慣れない道を発見。
そこを友達と二人で進んで行ったら、鉄筋で組まれて、ものすごく高い塔みたいなのが沢山立ってる場所に出た。
地面は真っ黒で、所々に赤い草が生えている。
友達は「行くのやめよう」と止めたけど、俺はそのまんま先に進んでしまった。
気づくと、高い鉄筋の塔みたいな物に混じって、見た事もないような白いサメの背びれみたいなのが沢山地面から突き出ている場所に出た。
遠くで川が流れていて、その川の色は鮮やかな緑色。
「こんな所もあったのか」と感心しながら先に進んでいく内に、だんだんと不安になってきた。
ここは住宅街。
しかも近くに川はない。
心細くなって、必死に走っている内に、本当に唐突に知らない道路にぶち当たった。
さっきまで空は青かったはずなのに、辺りはすでに夕焼けに包まれている。
しかも、ここがどこなのか分からない。
公衆電話(当時はピンク色のダイヤル電話)で必死に自宅に電話して、めちゃくちゃ怒られて迎えに来てもらった。
俺としては十数分しか経っていない感覚なのに、実際には、すでに数時間が経っていたのも不思議だけど、その迎えに来てもらった場所は、俺の家から車で30分もかかるような場所だったのには、怒りながらも、両親が首を傾げていた。
という体験。誰か、こういう体験した人っていない?
今でも謎のままなんだけど。 



370 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/12/22 15:46

なんだか色々怖い話があるもんだなぁと思って読んでいたら
369の話しで思い出したことが。
いつだったか家から駅に歩いていく途中、7ミリぐらいの銀色の福顔の面みたいのを
拾った。多分おみくじに入ってるもの。
財布の中に入れていたがある日なくなっていた。
落としたんだなとおもっていたら、やはり同じ道で発見。じゃりみちなのに
良く見つかったなと感心していたら、またなくした。
せっかく2度もめぐりあえたのに無くしたと後悔していたら、数ヶ月後
仕事場の床にそれがおちていた。そしてまた消えて、存在すら忘れていたら、
今度は仕事場の引出しから・・・。
財布が悪いのか、私が悪いのか?

ちなみにこの2つのパターンも経験してる。最近は全くないんだけどね。

この『時空の歪み』関係で一番度肝を抜かれた話があったんだけど、その話が見つかれないので、また見つけたら貼っておきます。この記事を書いてると猛烈な視線を感じる、午前4時。間違いない、時空警察。話支離滅裂だし、やっぱどうかしてるわwwwww。

 


 カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 コス@本のオススメ
 今、何時?
 管理部屋


 PR
 カウンター