忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰りの電車で読むものがなくて、話題の人気漫才コンビ麒麟の田村が書いた『ホームレス中学生』を買ってかえった。最近流行の芸人本である。まさに作文のような文章なわけだが、それがかえって強烈な中学時代の体験にリアリティーをもたせて、誠実な性格が伺えて親しみが沸く。


ho-muresu.jpg以前から「麒麟の田村は凄いビンボー」と風の噂で聞いていたが、こんな事情でこんな壮絶な極貧時期があったのかと。これがプレステが流行り始めた、平成の時代だから、さらに驚いてしまう。公園で寝起きをしながら、自動販売機の下の小銭を集めたり、ハトからパンのミミを奪ったり。トイレも公園の草むら。お風呂代わりに雨のシャワー。洗濯物は鉄棒で干す。小学生から「ウンコのオバケ」として襲撃を受ける。どこの戦後だよwww。

もし仮にそれがわが身と想定した時に、そんな行動をとれるかと思うと。いや無理だな。そこまで強くないわ。普通に養子縁組で、どっかの見知らぬ方に引き取ってもらって、ヌクヌクと暮らしてると思う。その恩を仇で返すように、性格がひねくれて迷惑かけてるだろうな。

その中でもすごいのがお姉ちゃんも公園で野宿って。しかも、長男がバイトの間はお姉ちゃんはずっと一人だったそうです。親戚とかいるだろ?と思うのですが、その事情も明かされています。この二人も少年田村同様、着の身着のままで公園生活。平成の清太&節子。


その後、多くの親切な友人、知人、学校の先生方に支えられて、何とか生き延びる少年田村と、その兄姉。そして、少年田村を見守り続ける母の偉大さ。『解散宣言』を発した、父も含める家族愛。また、生きるいうテーマにも向き合ったエピソードもあり、いろんなことを考えさせられる場面もあります。



こんな世の中だけど、まだまだ絶望するまでもないと、少し生きる希望が芽生えてくる。


電車の中で涙をこらえながら読みましたよ。TVでは明るく仕事してる作者ですけど、すごく頑張ってるんやな~と。前半は少年田村の壮絶なサバイバル。中盤は感動のエピソード。後半は麒麟結成秘話などなど。映画化しそうなぐらい、いい話です。

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
この本めちゃ読みたいですが、
日本のアマゾンで買ったら送料高いので
今度、日本に帰る時まで我慢します泣
あろえ | URL | 2007-10-08(Mon)02:16:53 | 編集
無題
あろえさんの期待を裏切らない良作。これはまだまだ売れるで!
コスプレイヤー@本屋さん |  | 2007-10-10(Wed)00:48:49 | 編集
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 


 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 コス@本のオススメ
 今、何時?
 管理部屋


 PR
 カウンター