忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『水滸伝』をやっと12巻まで読みました。官軍の将軍大刀関勝とその仲間の味なマネをするところで終わってます。しかし、ナゲーよ。読み応え充分なくせして、一気に読めるので時を忘れて熱中してしてしまうんですよ。もう、揚子の息子の揚令がテラ切ない。死兆星の元に生まれたような幼年期を過ごして、王進先生の所で修行するんですけど、これがね、何か自分の息子のように思えて、その成長ぶり感動してしまう! 感動した! そりゃ『水滸伝』の外伝『揚令伝』がでますよ。

しかし、この『水滸伝』、嬉しいのか悲しいのか19巻まであります。これは歴史ものが好きな方には是非読んでもらいたいですね。特に項羽と劉邦、三国志が好きな方にはうってつけ。

そうそう、水滸伝、項羽と劉邦と三国志といえば、中国中央電視台! この中国中央電視台が制作した『三国志』はマジで文化遺産にすべきような巨作。この壁は日本の映画、ドラマ監督では決して越えられない壁を感じたね。キャスティングがまず鬼才。どの武将を見てもこれはアイツや、これはコイツや!と名前を知らなくても容姿、風格を見ればわかるほど。私は中学時代にNHK衛星でやってたのを見てたんですが、このドラマは人生の中で屈指の名作。あとNHK教育の『素晴らしき日々』。あの頃のNHKはクウォリティーが高かった。三国志の人形劇もやってたな。話をもどして、『三国志』のお値段はDVD14巻28枚組みで新品102900円! 

中国中央電視台
http://yousworld.com/conny/

ジャパネットタカタじゃないけどさ、
「安い!! お買い得!!」
※金利・手数料はコス@本が負担しません!
※amazonはもっと安い!

ほんとに文化遺産なんだよ。102900円なんて絶対安い。このドラマは生涯忘れられないって。第83集 『倫渡陰平』名将鄧艾、摩天嶺を越え、成都陥落す とか見て、涙が出てきてたな。「三国志が終わる…」とか「姜維…」とか感慨深くて、そして壮大なドラマを忠実に再現した映像のフィナーレ…。毛布一枚包まって崖下るってシーンとか、そりゃないwwwって思う場面もアリ~ノで面白い。戦のシーンでは「テメェー、ヤル気ないだろwww」みたいなエキスト陣も見逃せません。三国志通なら、このドラマ見ずに人生終えたら、あの世で後悔します。絶対安い! 「じゃ、お前買えよ」って? そりゃあんたないよ。わたし一回みてるしさ。まぁ、誰か買わないかなーって思って書いてるんだけどさ。

で、その『三国志』を放った中国中央電視台の『項羽と劉邦』が日曜の午後5時にBSかなんかでやってるっていう。まぁ、わたしはその時間見れないっていう。それ見て『三国志』も見たいって思ったら、是非買って、私にも貸してください。絶対、後悔しないって! 最近は『蒼天航路』からとかゲーム『三国無双』から入ってる人も多いようですが、基本はやっぱ横山光輝先生の三国志から入るのがオススメです。 あと、コス@本イチオシの『覇』もいいですよ。

PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 


 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 コス@本のオススメ
 今、何時?
 管理部屋


 PR
 カウンター