忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末年始に向けて、マンガの在庫を厚めにとって、本社から「やりやがったか」と思われてそうなコス@本です。まぁ仕入れをやれるのがアレなんで、やれる時にやってみました。先手必勝。

年末年始に向けて大量に仕入れたものに『おおきく振りかぶって』(講談社)があり、仕掛けてサンタさんとお年玉の大人買いで、爆売りしたいと思ってるのですが、コレが売れるかどうか非常に心配。で、さっそく1巻~8巻まで購入して読んでみました。野球を通して個人の心理的な要素が織り込まれて面白いのですが、如何せん最近は『シグルイ』(秋田書店)や『ドロヘドロ』(小学館)など鮮血と内臓が飛び散る問題は暴力で解決万歳系なものを読んでて、読み初めは受付にくかった。

野球は詳しくないので作戦の詳細まで理解できなのが残念。ただ試合中の駆け引き的なものは、素人でも手に汗にぎります。バッテリーと打者、監督と監督、チームとチームと、水面下で火花が飛び散ってます。それに無茶苦茶な必殺技がないにも親しみがわきます。主人公三橋廉は『わたるがぴゅん!』(集英社)の主人公与那覇 わたるが投げるハブボールみたいなものを投げれるようですが、キャッチャーの阿部のリードなしでは普通に打たれるみたい。

ストーリーですけど(ここからネタバレ)、3巻のはじめの試合と4巻の県大会抽選の時に他校の選手の露出が多すぎて、こりゃ一回戦で負けたら、このページがほとんど無駄になっちゃうということで、桐青高校に勝つのは必至だなと思ってしまって、展開的なスリルはあまりなかった。こちとら『ピュ~と吹くジャガー』(集英社)で幾度も想定外の展開にやられてますから、ちょっとやそっとではビクともしなくなってる。あの鬼才の展開は一寸先も読めない。それでも「おぉそおいや」というような、いい伏線が仕掛けられてるのは、なかなか。

しかし、最近の少年漫画は文字が多いですね。『DEAHT NOTE』(集英社)といい、『銀魂』(集英社)といい、この漫画といい、『LIAR GAME』 といい。『BLAME! 』(講談社)の文字数で充分なオイラにとっては、漫画なのに読むのが大変です。なので文字数が多くて読み応えは充分。その文字数に負けないぐらい、モモカンのオッパイもボリュームマンテンです。人間関係や心理状態なども斬新で楽しめるうえ、野球好きが読んだらもっと面白いかも。もとドロドロした戦略・戦術野球をお求めの人は『ラストイニング』(小学館)もいいかもしれません。だけど、野球漫画といえば、『H2』(小学館)が一番好きなかな。木根竜太郎のかませ犬的役割に、敗れ行くジオンの残党に似た哀愁を感じてしまう。それにあだち充が描く、あのそよ風のそうな青春がたまりません。いや、ちょっと待てよ。『地獄甲子園』(集英社)もかなり上位に食い込むな。さすが世界屈指の野球大国。『ドカベン』(秋田書店)やどあげればきりがないぐらい野球漫画には名作が多い。





PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TRACKBACK
TRACKBACK URL: 
 


 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 コス@本のオススメ
 今、何時?
 管理部屋


 PR
 カウンター